何もしないをしに来た。

ふとしたときにスマホを見てしまう癖がついています。

 

例えば信号を待っている時とか。

テレビを見ている際のCM中とか。

 

スマホを見て何をしているかというと、

LINEやSkypeを確認してみたり、

何気なくYahoo!を眺めてみたりとか。

 

何気なくの行動ですが、

何気ない行動の積み重ねが今の自分を形成していることは確かです。

 

 

年末に実家へ帰りやることが無さ過ぎたので、

過去のアルバムを見ながら今までの人生を少しだけ振り返ってみました。

 

私は22歳で某市役所の消防士として

西消防署という勤務先に配属されます。

 

当時の私は消防士という仕事が嫌で嫌でたまらなかったので、

上司の目を盗んでは西消防署の屋上で夕陽を眺めてボンヤリすることが

日課となっていました。

 

その行動にも特に意味はないのですが、

夕陽を眺めているとモヤモヤとしている頭の中が整理され、

自然と澄んでくるような気が・・・。

 

澄んでくるような気がしていたのではなく、

実際に澄んでいました。

 

スマホは天気や芸能の情報は教えてくれますが、

これから自らがとるべき行動は教えてくれません。

 

 

テクノロジーの進化による便利すぎる世の中は、

時に私たちの人生を窮屈で息苦しいモノにするのかも。

 

今年からスマホを持ち歩かない時間を作っています。

 

何にも支配されないで何も考えない時間を作る。

その時間に何気なく私が眺めているのはスマホではなく夕陽です。

 

 

 

自宅から眺める景色です。

 

年始に行ったお台場の初売りの帰りです。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です